スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療いろいろ[冷えとり] 



今回はグッズの紹介はお休みして、私の不妊治療体験にも少しずつ触れようと思います。
少しでも、赤ちゃんが欲しいと思っている方の参考になればいいな。

th_IMG_4939.jpg
わたしたちのところに来てくれて、ありがとね。


まずは冷えとりについてお話します。

私たちは2007年に結婚しましたが、残念ながらなかなか子どもを授かることができませんでした。
以下、簡単に経緯をまとめます。

 ■2007年7月 結婚
 ■2009年2月 不妊治療開始
 ■2010年3月 体外受精(凍結胚移植)により妊娠⇒9週で稽留流産
  >〜2011年8月まで通院をお休み
 ■2012年5月 ふたたび凍結胚移植により妊娠
 ■2013年1月 出産

<化学療法以外に続けたこと>
 ■鍼灸
 ■冷えとり(靴下の重ね履き、半身浴)
 ■葉酸をとる

これらは病院をお休みしていた間も、継続して続けていました。
この中でも最も効果があったと思うのは冷えとりです。

冷えとりとは、頭寒足熱(上半身を涼しくし、下半身を暖める)を心得、靴下を4枚以上重ね履きし、半身浴を毎日20分以上、湯たんぽを活用して常に下半身を暖める健康法です。

冷えとり健康法

通院していた不妊外来でも冷えは良くないので、冷たいものをとりすぎないようにと言われていました。

そんなとき、かわいい表紙に惹かれて、書店で『冷えとりガールのスタイルブック』を手にとったのが始めたきっかけです。



当時ジャケット必須の職場でしたので、正直靴下4枚を履いて通勤するのにかなり苦労しました。

けれどもどうしても真剣に試してみたくて、パンツスーツ+ヒールのあるレースアップシューズなどを履き、なんとか続けました。



こんな感じのとか



こんな雰囲気の靴を履いてました。
真夏でももちろん靴下4枚にパンツの下にレギンスがデフォルトです。

毒だしだといわれるめんげんももちろん出ました。
かなりヘビーに。

半年くらい続けたら妊娠することができましたが、その時は残念ながら流産。

それから事情により1年半ほど不妊外来をお休みしましたが、その間も冷えとりはまじめに続けました。
そして不妊外来再会→病院を転院、二度目の妊娠をし、無事出産することができました。

そして冷えとりを始めて、かなり身体が変わった実感があります。

■もともとあったアレルギー(アトピー)が軽くなった
■汗をよくかくようになった
■痩せた
■暑さ、寒さに強くなった

妊娠できたことがもちろん最も大きな成果ですが、それ以外にも良い変化がたくさんありました。

今ももちろん続けていますが、夏は裸足でサンダルを履いたり、夜も時々素足で寝てしまったりと、かなり適当な感じでやっています。

始めは4枚セットで2000円くらいの靴下で始めましたが、効果を感じはじめてからは肌触りと履き心地の良いマーマーのものを履いています。

マーマーソックス ★オススメ冷えとりソックス!



わたしが冷えとりを始めたころは、まだあまり冷えとりソックスの種類も多くありませんでした。
いまはたくさんのショップが増え、フェリシモなど大手通販でも購入することができます。

手軽に始めることができると思いますし、これから寒くなりスタートしやすい季節です。

■とりあえず夜だけ重ね履きしてみる
■半身浴をはじめてみる

おうちの中では素足を避けるだけでも多少違うと思います。
不妊や慢性の体調不良を感じている方、少しずつでも試してみてはいかがでしょうか?

これだけははっきりと言えます、冷えは妊娠に大敵です!!
そろそろ第二子のことも考えたいので、また私も真面目に始めようかな。

不妊治療や冷えとりのことについては、今後も少しずつ取り上げていきたいと思います。


人気ブログランキングへ


ブログランキングならblogram
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kodomomonomono.blog.fc2.com/tb.php/11-63fafa39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。